パチンコしたり、ニコ動したりのぱんの日記です(`・ω・´)

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~。

いつもありがとうございます。

さて、私のパチ考察もついに7回目!
今回までで理論的なお話しは大分し終えた感がありますので、
これ以降はどちらかというと概念的、空論的、精神的な話しになります。

ということで今日は~台の波について・・・ハマりと連チャン~というタイトルで書かせて頂きます。


みなさんは台の波はあると思いますか?ないと思いますか?

論理的に言うと波というものはありません。
ただ、結果として波と呼べるもの。はあります。

どういう事かというと、
ある日朝から夕方まではハマって単発ばかりで入れ替わり立ち代わり人が変わるような、
一般的に今日はダメだなこの台。と言われる様な台で、夕方から座った人が今度はオスイチで爆連したとします。

ある人はこう言うでしょう。
「あの台朝から全然出てなかったから、その分夜になって一気に噴いたね。
これは波ということで考えると、
夕方まではまったくでない下降の波で、夕方以降はその分出す上昇の波。

確かに結果だけみるとそうなります。

しかしここで注意して頂きたいのは、
波を予測することは不可能という事です。
その日はたまたま夕方から出ましたが、1日出ないことだってありますし、逆に1日出続けることもあります。

パチンコ屋には営業時間がありますので(24時間営業じゃない)、
どうしても1日単位で考えてしまいますが、台からしてみれば1日ごとに確率が変わるわけじゃないので関係ありません。


よく、1000ハマりや2000ハマり台を見つけて、「これだけハマったらさすがに出るだろう~。」
と喜んで打つ人もいますが、現在何回転していようがその後当たる確率は変わりません。

パチンコ台はコンピュータです。
コンピュータのコンピュータ語(プロブラム)に従って、
毎ゲーム1/300の当たりがあるくじ引きをしているだけです。(正確には数万分のいくつかみたいですけど。)

1000ハマったからって1/300が1/100になる事は絶対にありません。
絶対と言いましたが、裏モノは知りません。
ただ、正規モノでそんな回転数に応じて大当たり確率が変わるようなプログラムは組まれていません。
普通に考えてそんな事する必要ないですよね?
1/300なら1/300平均で当たる計算でお店も経営してるんですから。
もし、回転数で確率が変動するんであれば、それはスペックとして記載してないと違法になるんじゃないでしょうか?(ならないかも、この辺は良く知りません><)


また、ハマった後だから、全然出てないから、単発ばっかりだから、
そろそろ連チャンするという考えもマチガイです。
逆に超爆発しちゃったから、この後ハマりそ~という考えもマチガイです。

台は今までどのくらい出ているとか、ハマったとか、さっきは連チャンしたとか、
そんなこと覚える機能はありません。
(ホール側で違法に制御している場合は知りません。)

今までにどんな出方をしたかなんて、覚える必要なんて台にはまったくないわけですから、
50000円使ってやっと当たった人でもオスイチで当たった人でもその後に期待出来る出玉数は同じです。

また、「300分の1なのに1200回転しても当たらないとかアリエネ~」とか、
「この台出ないように制御されてるなー。」とか、
言う人がいるかもしれませんが、ありえます。

そりゃありえるだろうけど・・・と思いますよね?
でも意外とそういう事は頻繁に起こりえるんですよね。

300分の1で1200回転=4倍ハマりする確率は1.8%です。
これはもし50台設置がある機種を朝1から同時に回したら、1人は朝一からハマる計算です。
これを1日あたり10回初当たりすると考えると、5台に1台は1日1回くらいそのくらいハマっちゃうという事です。
そう考えると全然ありえますよね?というか普通に考慮に入れなければいけないくらいの確率ですね。

ちなみに良い台でそれなりに良い出方をしていれば、1日1回1200ハマっても1日では勝ちになることも全然不可能でないです。
1200回といっても箱にすれば6箱ですから、調子いい時なら乗り切れますよね?

逆に、1.8%は確変継続率70%の台が大体13連チャンする確率です。
みなさんその13連チャンはこのくらいありえるだろーもっと連チャンしろー!ってくらいに受け取りません?(笑)

人間とはそういうものです。
都合の悪い事は受け止めず、都合の良いことに対する欲は尽きないのです。



「確率は収束するんだから、これだけ出なかったらこれから超出るだろう。」と言う人もいるでしょう。
その考えもマチガイです。

確率が収束するというのは、台がその確率に近くなるように調整してくれたり、
神様が収束させてくれたり(笑)するものではありません。

その確率分母(1/300なら300)の100倍や1000倍(多ければ多いほど安定)回した時に、
全ての当たり回数を平均してみたらそのくらいに落ち着きます。というだけです。

しかしそれでも1割や2割の誤差は人によっては全然ありえます。
なんせパチ人口が数千万人いるんですから。

本当の意味で打ったパチンコ台の全ての確率が収束する。というのは、
多分人間の一生では足りないくらいの試行回数が必要です。

ですので、収束という言葉に惑わされすぎないようにしましょう。
それだけ収束をしないからこそ、相性の良い台、相性の悪い台もあるわけですね。


確率が収束しないんだったら、やっぱり勝ち負けは運じゃん?
となるかもしれませんが、それでもやはり確率を信じて打つしかないのがパチンコで、
勝つにははやり出来るだけ釘が良い台を沢山の試行回数回す(長時間打つ)という事に尽きます。


収束はしないといっても、1年とかの単位で打てば、
どんなにツイてない人でもマイナス1割くらいの幅で落ち着くでしょう。
要するに、プロと呼ばれる人はその1割くらいの欠損が発生しても勝てるくらいの台を打っているわけです。



なんか書きたい事が纏まってなく思いつきで書いた記事ですので、良くわからないかもですすみません(汗)


結局何が言いたいかというと、
・人には未来はわからないということ。
・台に波を調節する機能はない。いつ打っても同じ確率(期待値)ということ。
・今までどう出たかというデータは何の指標値にもならないということ。
です。

結局未来もわからないし、この後どうなるかもわからないし、
どの台が当たりやすいとかもないわけだから、
そんなこと考えるだけムダというか考えないで打ったほうが面倒じゃないんですよね(笑)


今回はちょっと厳しく書きましたが、
期待値を下げちゃう様な事をしない範囲でのマイジンクスやマイオカルトは別にアリだと思いますよ。
確変中は席を立たない、何回転ハマったらトイレに行く。とかw

ただ、変な所に書かれている、
大当たりラウンドの最後はアタッカーフルオープンとか、
大当たり終了後の画面中は玉を打ち出しっぱなしにするだとか、
そういうのはヤメてください(笑)
玉がムダになってますから><


ここまでいろいろ書いてもまだ、ハマりそうになったらヤメた方が絶対いいとか、
爆発した後の台は打ちたくないとか思う人もいると思いますが、
それはそれでOKだと思います。

ただ、これからいつ当たったかのメモをしてみて下さい。
もちろん400回転使って当たらなくて帰宅したのであれば、その400回転もメモしてください。

そして数万回転分のデータで平均何分の1で当たったか計算してみて下さい。
もしその結果が1/300の台が平均で1/100とか1/200で当たってたという人がいたら、おめでとうございますアナタのヒキは神です。
大抵の人は1/300に近い(1/270~1/330)くらいで落ち着くと思いますよ。


さて、本日の考察はここまでとします。
今日はなんかちょっと冷たい記事になっちゃいましたね@@
これもみなさんに勝って欲しいからなんで解って下さいね。


次回ですが、今話題!?の1円パチンコについて触れてみたいと思います。

次回予告~1円パチンコってどうなの?~というタイトルでお送り致します。


ここまで読んで頂いた方々ありがとうございますm(_ _)m

※本考察は素人ぱんの独自の考えです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pachipan.blog56.fc2.com/tb.php/230-15dbbe37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。