パチンコしたり、ニコ動したりのぱんの日記です(`・ω・´)

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~。

今日は今やこっちの方が好きって人も沢山いると思われる、
甘デジについて書いてみたいと思います。


前回まではこちらです。
その?~何故パチンコは勝てるのか?~
その?~ボーダーとは?~
その?~止め打ちについて~
その?~止め打ちについて パート2~
その?~持ち玉について~
その?~台のデータ取りと計算方法~
その?~台の波について・・・ハマりと連チャン~
その?~1円パチンコってどうなの?~
その?~パチンコ店選び~
その?~回転スピードについて~
その?~パチを打つ上での心構え~
その?~パチを打つ上での心構え パート2~



それでは本文は続きでどうぞ。




まず断っておきますが、甘デジと呼ばれているものは、他にもいくつか呼び方があると思いますが、
本考察では甘デジとして統一させていただきます。

さて、甘デジっていうのは甘いのか?勝ちやすいのか?
というお話しですが、最初に結論を言ってしまうと、
理論上はミドルなどよりは、勝率という意味では高くなると思います。安定度もあるでしょう。
ただし、前回の考察で言った、「勝てる台」を探す技術はミドルなどより難しくなります。


といったところでしょうか?あくまで俺の感想ですが@@


甘デジの甘いというのは一般的なスペックの甘さとは少し違います。

まずお店が言っているのは初当たり確率が甘いという意味での甘いですね。
大当たり確率が1/100なので、もちろん初当たり確率的には甘いですね。

しかし、一般的なトータルスペックで見ると甘くない方が多いです。(あくまで多いというだけです。)


また、「甘デジはちょこっとしか玉が出ないからあんまりお金を使わないけどあんまり勝てない」と言う人がいると思いますが、
それは半分正解で半分間違いです。

パチンコは確率通りに当たった場合の期待収支というものがありますが、
同じ期待収支であれば、甘デジだろうが、ミドルスペックだろうが、慶次みたいなハイスペックだろうが、
理論的には到達点は同じです。

12時間打って、期待収支2万の台を1000日打った場合、
どのスペックだろうが期待収支は2000万です。
本当の収支もそのプラスマイナス1割以内に落ち着くことがほとんどです。

何が違うかというと1日という制限の時間の中での出玉の波の大きさが違うのです。

大体の感覚で言いますが、
その波の一番下と一番上の間隔も大体確率分母の倍率に比例してきます(大体ですよ!)。

例えば甘デジなら最大負けが5万円くらいで、最高勝ちが5万円くらいだとすると、
ミドルなら最大負けが15万円くらいで最高価値が15万円くらいという感じです。


と言う事で、1日の最高勝ち額が確かに少なめになりますから、
「あんまり勝てない」という意味では正解です。
ただ、その分「あんまり負けない」わけですから、
長期的な目で見たら甘デジを打っているから勝ち金額が少ない。とはなりません。



どちらかというと、「勝つ=お金を増やす」という視点で見た場合は甘デジの方が適していると思います。


そしてもう一つ甘デジだと有利な点として、「持ち玉比率が高くなる」ということが挙げられます。
1日(12時間程度)という限られた時間の中では、その日の初当たりまでの回転数や、
単発・確変の出方や出る順番でかなりこの部分が変わってきます。

12時間稼動する場合、甘デジでは平均持ち玉比率が90%近くになりますが、ミドルでは70%くらいになります。
この差は低換金であれば低換金であるほどでかいですね。


こうなると、甘デジを1日打った方がお徳!?って思えますが、
そんなことはお店側からしてみれば分かっている事なので、お店だってそれなりに対策してくるのです。


お店から見てみれば、

・甘デジは持ち玉比率が高くなる ⇒ お店としては不利
・当たり易いので1回座った客がなかなか諦めずに打ててしまう(これもお店から見たら持ち玉比率が高くなると同義) ⇒ お店としては不利

という事になるので、お店ももちろんそれを見越して、台の釘はあまり空けてきません。
利益を出すためには空けたくても空けられないのです。


また、甘デジの性質上もう一つ不利な事がありまして、1日に回せる通常回転数を稼ぎづらい。というトコロがあります。

1日に回せる通常回転数が少ないと、どうなるのか?

・勝てる調整の台の場合 ⇒ 1日稼動した時の期待収支が下がってしまう。 ⇒ 勝ち組に不利。
・負ける調整の台の場合 ⇒ 1日稼動した時の(マイナス方向の)期待収支が下がってしまう。 ⇒ お店の儲けが上がりづらい。

となってしまい、せっかく回る台でも1日打ってみたらそれほど稼げる台じゃなかったり、
お店からしてみれば、ミドルと同じ利益を上げるためにミドル以上に釘を締めざるをえません。



上で書いてきたように、
甘デジというシステムは勝ちに繋がりやすいが、その分お店側も対策してくるため、勝てる台を見つけることが難しい
という結果が出てしまいます。

また、甘デジは結構どんな台でも色んな人が気軽に座ったりしちゃうので、
狙っている台を取りづらいという不利な点もあるかもしれません。





さらに、甘デジはいい台を見つけること自体の難易度が高いです。


みなさんは普段何を基準に良い台悪い台を決めるでしょうか?

(一般的に)1番多いのは、1000円、2000円と入れてみて1000円当たり何回回るか、を一番気にすると思います。

そしてその何回回るかというのを、雑誌などに掲載されているボーダーから考えて、OKやNGを決めていると思います。


この考え方がまったく間違いではないですが、甘デジの場合これだけでは判断が非常に難しいです。
ミドルなどでも同じ事が言えますが、甘デジはそれが非常にはっきり出ます。


そう、ここで関係してくるのが、1回の当たりで獲得出来る出玉数です。
これにはアタッカーの締め具合と時確中の玉増え・減りが関係してきます。



ではここで具体的にくぅちゃんの甘デジを例に取って見ます。(データはパチンコ副収入のすすめより)

大当たり確率:1/97.8
トータル確率:36.0
平均連チャン:2.72

平均出玉数:530個

ここから等価ボーダーを計算してみます。

出玉530個で36回回ればいいわけですから、

36/(530/250)=16.98≒17回転

となりました。

それではこの17回転回る等価のくうちゃんを打ったとします。
平均出玉数は出玉数は、?580個 ?530個 ?480個 の3種類とします。

1日2000回転回して、確率通り56回の大当たりをしたとします。

1000円(250玉)あたり17回転の回転率で2000回転回すのに必要な玉数は、
250/12*2000=29411玉です。これはどのパターンでも固定ですね。

それではそれぞれの獲得出玉数です。
? 580*56=32480玉
? 530*56=29680玉
? 480*56=26880玉

それぞれの差玉は・・・
? 32480-29411=3069=12000円勝ち
? 29680-29411=269=1000円勝ち
? 26880-29411=-2531=10000円負け

出玉が50個違うだけで1日打つと約3000玉、等価なら10000円近い差がでました。

この出玉数でのそれぞれの等価ボーダーはいくつになっていたかというと、

? 36/(580/250)=15.51
? 36/(530/250)=16.98
? 36/(480/250)=18.75


出玉50個で等価ボーダーが1.5回転も違っちゃうわけですね。
100個違えば3回転です。回転率で3回転違う台といったらみなさんもその違いが分かると思います。



この出玉数というのは打ち手のうまさでもかなり変わってきます。
考察その?、その?で説明した止めうちの話しですね。


簡単に言っちゃうと1日の大当たり回数が多い分、1回の大当たり出玉の影響も大きくなるのです。
影響は(大当たり回数)×(1回分の差)ですからね。


そういう意味で、甘デジの台選びはより慎重に選ぶ必要があるのです。
甘デジの場合はミドル以上にスルーやアタッカーの釘も要注意です!


1000円で23回回るお宝台だ!とか思って打ってたら、
出玉が削られててクソ台に成り下がる可能性もあるのです。



上で言った事を纏めますと、

?甘デジはお店側も良い調整にしづらい(締めてくる)
?他のお客さんに良い台を取られっぱなしになる可能性がミドルなどより高い
?回転率だけでなく、出玉数などの影響が非常に大きい

という事がありまして、甘デジはいい台を見つけること自体の難易度が高い。と、俺は思ってます。


その代わり良い台を見つけてしまえば、高い勝率で勝ちを収められますのでぱん的にはお勧めですよっ!


後は個人的な感じ方の話しになりますが、
・甘デジは1回の出玉が少ないのでつまらん(すぐ飲まれる)
・1日甘デジは当たりすぎ(他色々)で飽きる・疲れる
という意見も結構あると思います。


そういう人は別に無理して甘デジ打たないでミドル以上打てばいいと思います。

最初に言ったとおり、同じ期待収支の台ならどちらを打っても理論上は同じ価値ですから。


あ、あと甘デジのお勧めとして、夕パチ、夜パチでは甘デジが圧倒的に有利です。
これは何度も言っている持ち玉比率の関係ですね。

特に夜パチなんて本当の理論上から言ったらミドルなんて打てたもんじゃなくなります。
甘デジはそれでもそれなりの持ち玉比率が期待できるので、お小遣い稼ぎにはなる事も多いです。



ぱんの場合以下のルールでやっています。(中、低換金のお店の場合です。)

・終日打てるときはミドル以上。
・ミドルを打つなら遅くても15時までには打ち始める。
・ミドルでの現金投資は原則18時まで。(遅くても20時)
・16時以降に打ち始める時は甘デジを打つ。
・ミドルの場合は持ち玉でもタイムアップは21時30分(最大延長で22時まで)
・甘デジの場合は持ち玉でのタイムアップは閉店30分前(最大で15分前)


こんな感じですねっ!

あくまでお金を増やすことを第一に置くなら、
良い調整の甘デジを探して打つことを、ぱん的にはお勧めしておきますよっ!



さて、長くなりましたが、「甘デジって甘いの?」お役に立てたでしょうか?


次回ですが、パチンコの事を調べると必ず出てくる「確率の収束」という言葉に迫ってみます。

次回予告~確率の収束の本当の意味~というタイトルでお送り致します。


ここまで読んで頂いた方々ありがとうございますm(_ _)m


※本考察は素人ぱんの独自の考えです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pachipan.blog56.fc2.com/tb.php/181-b17e7345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。