パチンコしたり、ニコ動したりのぱんの日記です(`・ω・´)

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~。

ぱんのパチ考察のお時間です。

今回もパチマガ専属プロのアラプロさんの記事からの受け売りです。

皆さん結構気にされている、パチ屋の不正行為、遠隔操作や裏基盤とかそういうのですね。
それを台についているデータカウンタの数字から判別してみようという内容です。



前回まではこちらです。
その?~何故パチンコは勝てるのか?~
その?~ボーダーとは?~
その?~止め打ちについて~
その?~止め打ちについて パート2~
その?~持ち玉について~
その?~台のデータ取りと計算方法~
その?~台の波について・・・ハマりと連チャン~
その?~1円パチンコってどうなの?~
その?~パチンコ店選び~
その?~回転スピードについて~
その?~パチを打つ上での心構え~
その?~パチを打つ上での心構え パート2~
その?~甘デジって甘いの?~
その?~パチンコの大当たりと演出~
その?~パチンコの大当たりと演出 パート2~
その?~投資金額の上限~


それでは本文は続きでどうぞ。





冒頭にも良いましたが、今回の内容もアラプロさんの記事の受け売りになります。


まず前提として、通常パチンコの計算に使っている回転数と当たる確率というものは、(あくまで今回の考察に関係あるものとして)
「通常時回転数(電サポなし時)」と「出玉ありの当たり回数」と「トータル確率」です。

要するに通常時の回転数に対して、出玉ありの当たりがどれだけ期待出来るか。というものです。

しかしこれだと、自分が打った台でちゃんとデータを記録したものでしか計算出来ませんね。

なぜなら、一般的なパチンコ台についてるデータカウンタは、
「全ての回転数(時短、確変全て含む)」と「突確、突時を含む大当たり回数」しかわかりません。


そこで今回は、新しい確率=データカウンタから計算できる確率、
つまり「突確、突時を含む大当たり回数」を「全ての回転数(時短、確変全て含む)」で割ったものというものを使います。

これを、アラプロは「コミコミ確率」と表記してますので、ここでもそう表記します。

例をあげると、エヴァ4は「トータル確率」は1/102.0、「コミコミ確率」は143.9となります。

つまり、例えば設置台数が20台の1日分のエヴァ4のデータを全部取ったとします。
そのデータカウンタに出ている時短、確変込みの総回転数が60000回転だったとします。

コミコミ確率は1/143.9なので、60000/143.9=416.95≒417回の当たり回数(突確も全て含んだ回数)であれば理論値通りになります。

例えば同じ条件で当たりが400回だった場合は60000/4000=150なので、
1/150で当たりが出現していますね。
この誤差は1割以内なので、怪しい数字ではありません。


実際にアラプロがシミュレーションした結果からどのくらいが怪しいかというと、
50000回転で2割以上の誤差がある場合は結構怪しいです。

その場合は更に精度をあげるために10万回転、20万回転とデータを取るといいかもです。
20台ほど設置してある機種であれば、そのくらいのデータすぐ集まるはずです。


おわかりになりましたでしょうか?

さてお次はその機種の「コミコミ確率」の計算方法です。

※以後計算方法の説明になりますが、計算方法は知らなくてもいいよというかたは、
読み飛ばしてください。計算方法を知らなくても大丈夫な様にツールを作ります。


----------------以下計算方法----------------

基本は時短確変込みの回転数に対して何回大当たりが得られるかということです。
細かい式の解説は省きますね!

計算には以下の4つの数値が必要になります。

A・・・大当たり確率(の分母)
B・・・確変中の大当たり確率(の分母)
C・・・確変割合(突確込み)
D・・・確変継続率 → 1/(1-c)で算出

この4つを以下の式にぶち込みます。

[B×(D-1)+A]/D

先ほどのエヴァ4を例にすると、

A・・・346.8
B・・・34.68
C・・・0.65
D・・・2.8571


[34.68×(2.8571-1)+346.8]/2.8571=143.92・・・


最初に言った数字が出ましたね!


ここでもう一つ、お店によっては突確、突時をカウントしないデータカウンタもあります。

その場合は更にもう一つ数字が必要となります。

E・・・出玉のある割合

これは単純に出玉のある大当たりの割合(確変や通常は関係なく)を使います。
例えばハイパー海であれば突確が8%なので0.92です。

エヴァ4みたいな電チューからの入賞で突確割合が変わる機種はちょっと複雑になります。

先ほどの「D、確変継続率」を思い出してください。

これは1回当たった場合に期待出来る当たりの数です。
エヴァ4はこれが2.8571ですので、通常時と確変中の内訳は、
通常時=1回、確変中=1.8571回 の当たりが期待出来るというわけです。

エヴァ4は通常時の出玉のある当たり割合が0.65、確変中が0.97です。
これが1:1.8571の割合なので、
(0.65×1+0.97×1.8571)/2.8571=0.8579となります。

そして先ほどの式に以下のようにEを入れます。

[B×(D-1)+A]/(D×E)

実際にエヴァ4の数字を入れますと、

[34.68×(2.8571-1)+346.8]/(2.8571×0.8579)=167.76・・・

となります。

これを応用して、「電サポ当たりのみカウント」となるのであれば、
Eの数字を「電サポある当たりの割合に置き換えてください。



それからもう一つ「ST機」の場合は更に複雑になります。
※ST機の計算についてはアラプロの記事になかったので俺が考えました。
 間違っていたらごめんなさい・・・&指摘ください。


さきほどの数値をもう一度出します。

A・・・大当たり確率(の分母)
B・・・確変中の大当たり確率(の分母)
C・・・確変割合(突確込み)
D・・・確変継続率 → 1/(1-c)で算出


ここでCの数値ですが、ST機の場合確変突入率は100%ですね。
その数値を使うわけではありません。
あくまでST中に当たる確率を確変割合とします。

例えば北斗の拳STVの場合

確変中の大当たり確率が1/8、ST回転数が4回転なのでその4回転で当たる確率は・・・

1-((7/8)^4)=0.4138%となります。

この値をCとします。

そしてこの場合のD(純粋なST中の当たりだけを考えた継続率)は、
1-(1/0.4138)=1.7059・・・となります。

更にもう一つ。
STは4回転しかありませんのでST中に当たるなら、1~4回転目のどれかしかありません。

Dの数字より当たりのうちの0.7059回は必ず4回転以内に当たることになり、
何回転目で当たるかというと・・・4回転のどれかで当たる確率はそれぞれ均等になりますので、
ST中に当たる場合だけを考えた場合は、平均で必要な回転数は4/2=2回転になります。

この算出のためにST回転数が必要になるので、

F・・・ST回転数

という数値を追加します。

この場合の式は以下になります。

[(D-1)×(F/2)+A]/D

実際に北斗の拳STVの数値を入れてみますと、

[(1.7059-1)×(4/2)+80.1]/1.7059=47.78

となるわけです。


----------------計算方法ここまで----------------


さて、無事コミコミ確率が算出できたら、あとはお店のデータと比較するだけです。
さきほども言いましたが目安は「5万回転以上で2割」です。


さて、ここまで読んでこう思った人もいるでしょう。

コミコミ確率の計算が面倒くさい!!!

ということでコミコミ確率自動計算ツール作りました(笑)
これを活用してコミコミ確率出してくださいな!

←にもリンク置いておきますが、
こちらからDLしてください。


それでは長くなりましたが、今日はこの辺で終ります。




ここまで読んで頂いた方々ありがとうございますm(_ _)m


※本考察は素人ぱんの独自の考えです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pachipan.blog56.fc2.com/tb.php/147-ca5c44a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。