パチンコしたり、ニコ動したりのぱんの日記です(`・ω・´)

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒⇒ランキング参加中!⇒⇒
愛のワンクリックお願いします。



こんばんは!

ツール関係のお話しはこちら
※本日こちらのページも更新しています。


今日は久しぶりにぱんのパチ考察。(ここでも「素人」はなくしました)

前回ご質問頂いたのもあり、持ち玉について書きます。

何度か話してきていることですが、とても大事な事なので、
今回は出来るだけ簡単・完結にもう一回書いてみます。






前回まではこちらです。
その①~何故パチンコは勝てるのか?~
その②~ボーダーとは?~
その③~止め打ちについて~
その④~止め打ちについて パート2~
その⑤~持ち玉について~
その⑥~台のデータ取りと計算方法~
その⑦~台の波について・・・ハマりと連チャン~
その⑧~1円パチンコってどうなの?~
その⑨~パチンコ店選び~
その⑩~回転スピードについて~
その⑪~パチを打つ上での心構え~
その⑫~パチを打つ上での心構え パート2~
その⑬~甘デジって甘いの?~
その⑭~パチンコの大当たりと演出~
その⑮~パチンコの大当たりと演出 パート2~
その⑯~投資金額の上限~
その⑰~そのパチ屋大丈夫?~
その⑱~期待収支と仕事量~


それでは続きでどうぞ!!








今まで何度か似たようなこと言ってますが、

パチンコは如何にして持ち玉遊戯の割合を多く出来るか

がかなり重要になります。

もちろん、一番とは言いません。
期待値の高い(回る)台を掴む方が大事でしょう。


みなさんも1000円で何回回るから優良台♪と思って打つ台もあるでしょう。

でも、せっかく優良台を掴んだのに、途中で「もう出なそうだから・・・」といってヤメてしまうのは、
とってももったいないことです。


完結に、何故途中でヤメると損なのか?を書きます。

簡単です、パチンコには換金ギャップがあるため、交換すればするほど損をするからです。
(※等価交換だけは交換による損はないので、いつやめてもいいです。)


3円交換のお店で説明します。
例えば、Aさんは10000発の持ち玉を得たあと、交換しないで打ち、1000回転ハマって全部飲まれました。
飲まれるのに要したのは10000発なので、10000×3円=30000円分の価値で1000回転ハマりました。

Bさんは10000発で今日はもういいや。とその日はやめました。
1000ハマったAさんに比べて賢い選択に見えると思います。
Bさんはこの時点でAさんより30000円多く勝てました。

しかし、次回打ったときに現金で1000回転ハマってしまいました。
現金で10000発分ハマったわけですから、4万円使いました。

Aさんより1万円損してしまいましたね。


この様に1日単位で区切らずに見た場合、
同じ当たり方をしたら、持ち玉で出来るだけ打てば打つほど得をしていきます。

AさんとBさんでは1年でどのくらい差が出るでしょう?

このAさんの様に毎回頑張って打っていれば結果は必ずついてきます。

実際俺が頑張っているのはそこだけです。
打ってる台は大したことないです(笑)

パチンコで大事なのは、その日の結果を気にしない精神力と財力(笑)、
あとはハマりにめげない忍耐力、交換したいという衝動に負けない心です。



※ここからはちょっと話がそれます。
 おまけ・・・にしては長いですw


ここでこう思った人もいるでしょう。


Bさんが次打つとき1000ハマるかなんて決まってないじゃん!


もちろんそうですね。

だからといって、1000より早く当たるとも決まってません。
現金で2000回さなければならないかもしれません。


ここがまた普通の人間には(体が)理解するのに苦労する部分です。


理論では分かっている俺だって、3万発出たらもう帰りたくなりますよ?(笑)


だって、今帰ればこの玉のお金がごっそり入ってくるわけですから。


それに、誰に教えられなくても自然とみんなが思ってしまうこと。

「こんなに出ちゃったからこのあとハマりそう・・・。」
「あのハマってる台はこれから出そう・・・。」

俺も良く思いますよ、今でも思います。


でも、考えてみてください。

ハマりそうな台をやめて当たりそうな台を打って、いつも当たっていますか?勝っていますか?




大体の人は1000円の回転数を数えると思います。
また、「確率は収束する」ということもなんとなく念頭に置いてる人が多いでしょう。

回転数を数えて良い台を打っているのに、
それに加えて当たりそうだ当たらなそうだなんて自分の感覚を入れて台を選んでいたら、
その回転数を数えている自分を否定していることになりますよ。

パチンコには波があって調子の良い時に打てば出て、悪い時は出ない。
となるのであれば、回転数なんて数える必要すらないですから。
その日一番当たる台を打てたら勝ち。それだけです。

本当にそうでしょうか?

もし、本当にそういうものがあるんであれば、

調子の良い台ばかりつかめている人は物凄い分母で大当たりを引けていることになります

台選びが上手い人(運が良い人)は1/100くらいで当たりをコンスタントに引きます。
下手な人(運が悪い人)は1/500くらいでしか当たりを引けません。

こんな人によって差があったら、確率の収束を否定しちゃってますよね。


でも、「確率は収束する」、「台には調子がある」
この矛盾している二つを信じている人が多いように思います。


「いあいあ、台から見たら確率は収束するけど、打つ人は収束しないよ」

って言う人もいるかな?


ここで断言しますが、誰がいつどの台を打っても
必ず同じ条件で大当たり確率は訪れますので確率は収束します。

信じられない人はデータを取ってください。
自分が回した回転数と大当たり回数だけでも。
10万回転も回せばほとんど確率通りの数字がでます。




また・・・話しが随分と長くなってしまいました・・・。

でも、ここを理解というか受け入れて打たないと、
他をいくら改善してもあまり良い結果が得られないかなと思っているので。



ちなみに俺は台を選ぶときにまったくデータカウンタは見ません。
座ってから「あ、何回転から打ち始めたか見るのをわすれた!」ってなるくらいです。
それくらいデータは目に入りません。
あくまであれは回転数と当たり回数を数えてくれるだけの機械ですw



それでは、今日はこの辺で!

(●′∀`)ノ~またねぇ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。